Professionalsエミシアウエディングを創り上げるプロフェッショナルたち
  • エミシアウエディングを創り上げるプロフェッショナルたち
  • HOME
初めてホテルエミシア札幌のウエディングサロンにお越しいただいたその時から当日を迎えるまで、誰よりもおふたりの近くで一緒に幸せを形にしていくお手伝いをするのが、私たちウエディングコーディネーターです。
一つとして同じ結婚式はありません。
それぞれの想い、これまでの軌跡、そしてゲストの皆さまへの感謝の気持ちを、おふたりらしい形に創りあげていき、何十年たっても、全てのシーンやゲストの皆さまの笑顔が、鮮明に思い出される一日をプロデュースしていきたいと考えています。
笑み(emi)と幸せ(siawase)がホテル名になっている、ウエディングにはぴったりの新ブランドホテルでは、おしゃれに上質なウエディングが叶います。札幌市内では珍しい、本格的で歴史あるチャペルでの厳粛な挙式と、25mもの吹き抜けのアトリウムで行うアフターセレモニー。長いらせん階段を幸せいっぱいの笑顔で登っていくおふたりを見るたびに、今まで何組もの結婚式を見てきましたが、感動がこみ上げます。
真っ白なチャペルをバックに、未来へ共に歩んでいくおふたりと、おふたりの大切な方々と幸せを分かち合う披露パーティー。おふたりらしさが伝わるたったひとつのウエディングを、ここホテルエミシア札幌でお手伝いできますように、心から楽しみにしています。
おふたりにとって、参列される大切な方々にとって、笑顔に満ちあふれた最高にしあわせな結婚式になりますように。
シンプルなのですが、これが私の願いです。
産まれてきてから今まで、おふたりはたくさんの方々にお世話になりました。結婚式は自分達の立派な晴れ姿を見ていただく機会でもあり、参列された大切なゲストに日頃の感謝を伝える日でもあるかと思います。
私のエミシアウエディングおすすめのポイントは、本格的な独立型のアトリウムチャペルです。外観はNYのセントパトリック教会をモチーフに。いざチャペルに入ると目の前には大きなステンドグラスが広がります。実際にスコットランドで使用されていたもので細工が施されており、思わずずっと眺めていたくなる繊細な作品です。本格的なチャペルで神聖な挙式後、アトリウムに出るとそこからは大切な人達とのアフターセレモニー。幸せの鐘が鳴り響き、ゲストからフラワーシャワーの演出があり、憧れの螺旋階段からブーケトス。とっても幸せそうなみなさまの姿に、思わずこちらが笑顔になるんです。こういった幸せの場に立ち会えることに本当に感謝しています。
また、おふたりとプランナーとの信頼関係はとても大切だと思っています。準備で大変な時もあるかと思いますが、楽しい結婚式に向けて打ち合わせも楽しんでいただきながら進めていきたいです。なにかございましたらいつでもご相談くださいね。最初から当日まで、しっかりサポートさせていただきます!ご安心ください。そして、結婚式が終わっても気軽に遊びに来ていただけるような関係になりたいです。みなさまにとってホテルエミシアでのウエディングが一生残る素敵な想い出となりますように精一杯お手伝いさせていただきます!
ブライダルのお仕事に携わるようになってから約9年になります。
ご結婚式は一生に一度の人生最大のイベントです。結婚式はお二人の想いをカタチにする。それがウェディングプランナーの仕事です。
ただ結婚式のお手伝いをするだけではなく、結婚式はご新郎様ご新婦様にとっても、お二人の大切なゲスト様にとっても、そのお二人のご結婚式は一生に一度しか訪れない瞬間なのです。そのスペシャルな時間をプロデュースする為に、沢山お二人からお話を聞く事が大切なのです。
お二人の結婚式の2時間30分という短い時間の中に、お二人から皆様への想いを詰め込みます。お二人の想いが、皆様に届くよう、伝わるよう、全力でサポートさせて頂きます。
TAKE2がないスペシャルな時間をプロデュースするウェディングプランナーの責任は計り知れません。ですが、結婚式というお二人の人生最大のイベントに携わる事を誇りに思っております。
大切な結婚式だからこそ、格式のあるホテルウェディングをお勧め致します。お二人の大切な結婚式をホテルエミシア札幌で叶えて頂きたいです。結婚式当日はもちろん、ご準備の期間もキラキラ輝く想い出になりますように。
主役のおふたりの席の横に飾られるウエディングケーキを作りたい。繊細で上品で、美しい特別なウエディングケーキへの憧れが、私がスイーツの世界に入った始まりでした。
幸せな時間と空間の中に、華を添えるケーキ。ホテルエミシア札幌では、全てのウエディングケーキは、パティシエと打合わせをして、ヒアリングをし、デッサンを描きながらオリジナルで作り上げていきます。
一つとして同じものはありません。結婚式のテーマに合わせて、お好きな色、趣味、おふたりの思い出など何でもお話ください。
おふたりの思いをウエディングケーキという形にできる日を、心から楽しみにお待ちしております。